歯を抜かなければならない理由とその予防策 港区新橋の歯科・予防歯科・口腔外科・審美歯科 ヘルシーライフデンタルクリニック

2024/03/10 ブログ

こんにちは!

東京都港区新橋に位置するヘルシーライフデンタルクリニックのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、「歯を抜くのはどんな時に必要か?」について、専門的な視点から解説します。

 

歯抜きの主な原因:虫歯とその進行

歯を抜く主な原因は虫歯です。虫歯菌が砂糖をエネルギーとして使用し、その代謝過程で生成される酸が歯を溶かし、病状を悪化させます。エナメル質が侵された後は、歯はさらに溶けやすくなります。

 

神経除去後の影響と新しい土台素材の登場

虫歯が神経に達した場合、神経を除去する処置が不可欠となります。過去には金属土台が一般的でしたが、噛む力により歯が割れやすくなるという問題がありました。現在では、より歯に優しい「ファイバーポスト」が使用されるようになり、歯の寿命を延ばすことが可能です。

 

歯周病:もう一つの歯抜きの原因

歯を抜くもう一つの大きな原因は歯周病です。細菌が歯と土台の隙間から侵入し、骨を溶かすことで進行します。この状態が進むと、最終的には歯を抜くしか選択肢が残されません。

 

予防歯科の重要性

虫歯や歯周病は、予防と早期治療で回避可能です。定期的な歯科検診と日常の適切なオーラルケアが、これらの病気から歯を守るための鍵となります。また、新しい治療材料の選択により、さらに歯の健康を長期にわたって保つことができます。

 

まとめ

歯を抜く主要な理由である虫歯と歯周病は、適切な予防と治療により対処可能です。新しい素材の使用は、歯を長持ちさせるための効果的な手段の一つです。予防歯科の観点から、日頃のケアと定期検診が歯の健康を維持する上で不可欠です。新橋、東京都港区にお住まいで予防歯科に興味がある方は、ヘルシーライフデンタルクリニックにお気軽にご相談ください。