歯科医院のアウトソーシングとインソーシングのバランス 港区新橋の歯科・予防歯科・口腔外科・審美歯科 ヘルシーライフデンタルクリニック

2023/12/11 ブログ

どうも!ヘルシーライフデンタルクリニックのブログへようこそ。今回はアウトソーシングとインソーシング!についてお話します。

 

歯科医院におけるアウトソーシングの現状

歯科医院経営において、長年にわたりアウトソーシングが一般的でした。これは、院内での作業が苦手だったり、専門知識が必要なために外部の業者に依頼することを意味します。例えば、ホームページの作成やLINE公式アカウントのリッチメニュー設計などがこれに該当します。しかし、これらのサービスは高額なコストがかかる場合があり、効果の見極めが難しいこともあります。

 

インソーシングへのシフトの必要性

IT革命により、今では誰でも容易に多様なコンテンツを作成できるようになりました。院内でのインソーシング、つまり自分たちの力でコンテンツを作成することは、外部に依頼するよりも、より自院のビジョンや目指す方向性を表現することができます。外部に依頼すると、コミュニケーションの煩雑さや修正の制限など、様々な問題が生じることがあります。

 

インソーシングの利点

インソーシングは、院内スタッフの能力向上にもつながります。自ら作成することで、スタッフも技術や知識を身につけることができます。これは、単にコスト削減だけでなく、組織全体の知識と技術の向上にも寄与します。

 

日本社会全体のインソーシングへのシフト

現在、大企業を含む様々な業界でもインソーシングへの関心が高まっています。日本社会全体が、他者に頼ることから自ら考え、行動することの重要性を再認識し始めています。このような変化は、思考力の向上にも繋がります。

 

まとめと展望

歯科医院経営において、アウトソーシングとインソーシングのバランスを見直すことは重要です。自院でコンテンツを作成することによるコスト削減、スタッフの能力向上、そして自院のビジョンのより正確な表現は、今後の経営において大きなメリットをもたらします。次回は、このテーマに関連するさらなる情報を提供する予定です。楽しみにしてください。