海外滞在中の歯科トラブル:いつ治療を受けるべきか 港区新橋の歯科・予防歯科・口腔外科・審美歯科 ヘルシーライフデンタルクリニック

2023/12/05 ブログ

どうも!ヘルシーライフデンタルクリニックのブログへようこそ。

今回は海外で歯の問題が起きたときの対処法についてお話します。

 

海外での歯科治療のニーズ

海外へ行く人が増えていますが、コロナウイルスの影響で制限がありました。留学、仕事、出張など様々な理由で海外に滞在する方々がいます。私が受ける相談の中で、海外滞在中に起こる歯科トラブルについての悩みが多く見られます。

 

日本の歯科治療のメリット

日本での歯科治療を望む理由としては、保険診療による低コスト、日本の歯科医師の高い技術レベル、自由診療での高品質かつ比較的安価な治療が挙げられます。

 

海外滞在中の歯科トラブルへの対応

痛みや炎症がある場合

  • 自発的な痛みや歯茎の腫れがある場合は、虫歯の進行や歯周病が考えられます。これらは放置せず、すぐに治療が必要です。

 

誘発痛(冷たいものや熱いもので痛む場合)

  • 軽度の知覚過敏から重度の虫歯まで、症状の度合いによっては海外での治療が必要です。緊急ではないが、症状によっては海外の歯科医師に診てもらうことをお勧めします。

 

歯の折れや脱落

  • 外見や機能に大きな影響がある場合、特に前歯が関わっている場合は、海外での治療が望ましいです。

 

海外での治療と日本での最終治療

海外での治療は、暫定的なものであり、日本に帰国後、最終的な治療を受けることが多いです。例えば、虫歯治療の場合、海外では一時的な充填(詰め物)をし、日本での最終修復を行います。

 

まとめ

海外滞在中に起こる歯科トラブルには、状況に応じた対応が必要です。症状の重さや、治療の緊急性によって、海外での治療を受けるか、日本での治療まで待つかを判断しましょう。この情報が、海外での歯科トラブルに直面した際の参考になれば幸いです。