アルツハイマー型認知症治療薬、歯周病菌が出す毒素に働きかける薬が臨床試験まで進展。東京都港区新橋ヘルシーライフデンタルクリニック

2020/10/10 ブログ

アルツハイマー型認知症の治療薬として、歯周病原性菌の毒素に働きかける薬が臨床試験まで進展しています。

 

詳しくはHLDCの院長ブログをご覧ください。

https://drmitsukitezuka.hatenablog.com/entry/2020/10/04/102817

 

認知症が発症するということは、それだけ日ごろから体内に、毒素や炎症の悪い影響が蓄積しているということを意味します。

 

アルツハイマー型認知症が世界的に発症者数が増えてきている背景には、栄養状態や消化管の状態、ひいては、お口の中の歯周病の状態が関連しているということになります。

 

当院での歯周病治療の進め方についてはYou Tube動画もございますのでよろしければご覧ください。