オフィスホワイトニングと白玉点滴(グルタチオン点滴)、ホームホワイトニングと飲む白玉点滴の組み合わせ治療。東京都港区新橋の歯医者ヘルシーライフデンタルクリニック

2020/09/03 ブログ

今回は、歯とお肌と全身の美容・美白の診療案内です。

 

東京都港区新橋の駅前徒歩2分のエリアにあるヘルシーライフデンタルクリニックです。

 

第一ホテルなどのすぐそばの、2019年に建設されたダイワロイネットホテル新橋の地下一階にあります。

 

地下一階は、医療フロアになっていて、整形外科・皮膚科・アレルギー科・内科・神経内科などが併設されています。

 

 

当院では、歯科医院を開業したときから、歯周病とお身体の関係などを強調して患者様にお伝えしています。

 

お口の中が綺麗な状態で、歯も白く、歯ぐきがピンクでひきしまっていると、若々しく見えますよね。

 

そのような綺麗な美しい状態は、炎症がない状態ともいえるので、お身体の健康にもつながっています。

 

 

オフィスホワイトニングと美白・白玉点滴のコラボレーション

 

当院では、ホワイトニング(歯を白くする処置)と肌を白くする点滴・注射(グルタチオン点滴・注射、白玉点滴・注射と表現されます)を同時に行うことが可能です。

 

当院のオフィスホワイトニングは、光照射6分×3回で、ビヨンドというシステムを採用しています。

費用は10,000円(税抜)です。

オフィスホワイトニングは、それなりに費用がかかる施術ですが、当院の価格帯は比較的お試ししやすい価格となっていることと、ホワイトニングシステムはしっかりしているので、1回の施術で2トーン程度明るくなります。

 

オフィスホワイトニング+白玉点滴(グルタチオン 800mg, ビタミンC 4g)が18000円(税抜)でできます。

 

なお、白玉点滴の簡易版の注射もあります。

 

オフィスホワイトニング+白玉注射スタンダード(グルタチオン600mg, ビオチン, ビタミンB6)で13500円(税抜)でできます。

 

 

 

ホームホワイトニングと「飲む白玉点滴」のコラボレーション

 

後述しますが、ホームホワイトニングといって、ご自宅でできるホワイトニングもあります。

 

当院では、通称「飲む点滴」と呼ばれる、リポソーマル加工のサプリメントを取り扱っております。

 

継続して服用することでお肌のしみやくすみがなくなったというお声も頂戴しております。

 

歯科医院に通院するよりも自宅で何とかしたい。という方にはお勧めです。

 

 

 

歯科医院で行う場合と自宅で行う場合のそれぞれの決定的利点はなに?

 

歯科医院で行う場合

ホワイトニング効果や美白効果共に、高濃度なので効果が出るのは比較的早いです。

また、歯の清掃や歯ぐきの治療が必要かどうかプロの目で拝見させていただけます。

点滴や注射もホワイトニングと同時進行で行えるので時短になります。

一応、現状ご予約のお時間は1時間頂戴しておりますが、ホワイトニングと歯面をツルツルにする研摩、注射・点滴を含めても最短で45分程度で終えることができます(ホームホワイトニングは約2時間程度作用させる必要があります)。

 

回数は、人によりますが、オフィスホワイトニングを3回行えばほとんどの方が、色が抜けにくい犬歯なども白くなります。

 

白玉点滴は約8回程度は行うことが望ましいですが、通院することが困難な場合には、ご自宅での「飲む点滴」へ切り替えていただくことも可能です。

 

 

自宅で行う場合

歯科医院に行かなくても自宅で白い歯と白い肌を獲得できるところでしょう。

当院がご自宅から離れていてもオンライン診療・カウンセリングを行い、マウスピース作成のための型どり1回の通院で完結することも可能です。

ホワイトニングと飲む点滴(リポソーマル加工グルタチオン)を郵送でお送りします。

あとは、グルタチオンは服用するタイプなので、針を刺されるのが怖いなど心配される方には安心かもしれませんね。

リポソーマル加工のグルタチオンを継続して服用された方で、肌の質が改善したりしみやくすみがなくなってきた患者様もいらっしゃいます。

 

リポソーマル加工のグルタチオン「飲む点滴」は、50mlのボトルに入っており、1回量が約1mlなので、1ボトルに50回分の内容量です。

 

1mlの中に100mgのグルタチオンが含有されています。

 

ちなみに、点滴・注射で用いる場合は一般的には400mg~1000mg程度のグルタチオンを使用します。

 

点滴・注射の場合には血管内への投与ですので細胞内にこれらのグルタチオンすべてが取り込まれるわけではありませんが、点滴の方が一般的に投与量は多くなります。

 

ホームホワイトニングも「飲む白玉点滴」もジワジワ・コツコツとご自宅で続けていくことで歯とお身体によい効果があらわれるようになります。

 

 

 

 

 

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング 

 

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングと大きく分けて2種類のホワイトニングがあります。

 

オフィスホワイトニングは、歯科医院の中で行うホワイトニングです。

 

今や、ホワイトニングのセルフサロンのようなものも登場し、施設内で青い光を使ってホワイトニングをするということは知っている方も多いかもしれませんね。

 

歯科医院で行うオフィスホワイトニングは、取り扱い注意の薬品も取り扱えるということもあり、ホワイトニング効果は比較的強力です。

 

1度の受診で、歯のホワイトニングや美白点滴も含めて終わらせたい方には向いていると思います。

 

強力なホワイトニングはしみるということもありますが、これにはかなり個人差があります。

 

全くしみない方もいらっしゃいます。

 

一般的には、ホワイトニング効果が出ればでるほどしみやすくなるといわれているので、フッ素を塗布したり対策をすることでしみにくくしていきます。

 

 

ホームホワイトニングというのは、その名の通りご自宅で行うホワイトニングです。

 

歯科医院内で型を取って、マウスピースを作製します。

そのマウスピースを使用して、ホームホワイトニング用のジェル状の薬液をマウスピース内に行き渡らせて、約2時間程度、歯に作用させます。

 

作用させるお時間はオフィスホワイトニングよりも長くなりますが、最近は、在宅ワークの方も多いかと思うので、お仕事中や家事や休日の映画鑑賞・ドラマ鑑賞などのついでにもホワイトニングができるのが利点といえるでしょう。

 

 

 

グルタチオンについて

 

グルタチオンについては、本来は、細胞内から細胞外へ不要な物質(重金属など)を排出したりする際に活躍します。

 

米国の歌手のビヨンセさんの肌が白くなった理由や、芸能人のニコルンさんのSNS投稿などの影響でお肌の美白効果が脚光を浴び、「ビヨンセ点滴」や「白玉点滴」、「白雪点滴」などの呼び名がつきました。

グルタチオン療法の適応としては、重金属のデトックスに加えて、化学物質のデトックス、パーキンソン病、レヴィ小体認知障害、シスプラチン(抗がん剤)による末梢神経障害、閉塞性動脈硬化症、慢性疲労などの幅があります。

 

日本人の場合は、海外に比較するとマグロを摂取する機会が多いといわれています。

マグロやクジラなど大型魚には、水銀が含まれている量が中型魚に比較すると多いため、日本人の水銀の蓄積量も多いといわれています。

 

また、アマルガムという無機水銀が主成分の銀歯があるのですが、この銀歯が歯に入っている方も、口腔内や腸管内の微生物が有機化するなどの影響で体内に蓄積してしまう場合があります。

 

水銀は、元素周期表の中で亜鉛と類似している関係で、あまり水銀が多いと亜鉛の働きを阻害したり、代謝を阻害してしまいます。

亜鉛は、メンタルの調整や、眠りの質の改善、爪や皮膚の代謝、免疫システムの改善、腸内環境の改善など様々な機構にかかわっているため、zinc biology(亜鉛の生物学)といった専門分野までできるほどに重要なミネラルです。

 

水銀は特に神経に対して害を及ぼすことが多いため、抑うつ傾向などともかかわっているといわれています。

 

お肌をきれいにするついでにデトックスを試みるのもよいかもしれませんね。