なかなか摂取しづらい栄養素、食物繊維について ~健康寿命延伸型歯科医院ヘルシーライフデンタルクリニックの観点から~東京新橋・内幸町駅徒歩3分予防歯科・審美歯科

2019/11/13 ブログ

歯科医師の手塚充樹です。

 

今回は、食物繊維(dietary fiber)についてお話します。

 

食物繊維ってなんでしょう?

ヒトの消化酵素では消化できない食品中の成分である。炭水化物から糖質を除いたものが食物繊維である。

穀物(全粒粉、玄米、胚芽米)、野菜、果物、豆類、海草類、きのこ類に多く含まれている。

 

食物繊維は「炭水化物」の一部です。

 


 

当院は本年9月にオープンし、8月の時点で内覧会や院内セミナーなどを開催しておりました。

その際に来院された方へ手渡ししていたのが、医療機関専用サプリメントを製造しているMSS社の砂糖不使用の「ビタミックスコンプリート」というサプリメントです。

 

実はこのサプリメントにも水溶性食物繊維が含まれております。

 

水に溶かして飲むものですが、色が黄色であることや、「ビタミックス」というネーミングなどから、「ビタミンCのサプリメント」というような認識をもたれている方もいらっしゃるかもしれません。

 

この中には脂溶性のビタミン全種類、ビタミンB群まで含まれているので「ビタミックスコンプリート」と名付けられているそうです(この前のバージョンは「ビタミックス」という名前でした)。

 

 

なぜ、食物繊維の話をしているのか?➔現代人の摂取量が足りていない可能性があるから!

 

本邦 にお け るDF摂 取量 は, 1949年 か ら1979
年 まで漸 減す る傾 向にあ る. この傾 向は市町村 い
ずれ で も同様 であ り, また, 年次 にかかわ らず 大
都市 圏ほ どDF摂 取 量 が少 なかった. 地 方別 にみ
る と東 高西低 の傾 向にあった.

 引用元:日消誌 82 (1) 51-57, 1985

 

けっこう古い文献ですが、食物繊維の摂取量が減少傾向にあり、大腸がんや大腸ポリープとの関連性が考察されていました。

 

 

食物繊維は腸内細菌を増やす

食物繊維は、胃で消化されずに腸まで届きます。

腸内環境の改善に有効とされており、腸内細菌が腸内の食物繊維を餌として増えていけるようになります。

 

食物繊維単体のサプリメントなどで大量の食物繊維を摂取することは好ましくありませんが、「野菜をよく食べる」とお話されている方でも、実はそれほど野菜を食べられていない方もいらっしゃったりします。

 

実際に野菜はたくさん摂取できていますか?

コンビニの野菜などは、カットされているのになぜかずっと時間がたってもいろどりが豊かなままですし、添加物や処理のことを考えると生野菜でとることが望ましいです。

大体、生野菜で350g以上の量を摂取できていますでしょうか。

 

あまり野菜が食べられていないなと感じる方には、当院がおすすめするようなサプリメントをとりいれることもよいでしょう。

 

適度に食物繊維を摂取して、良い腸をつくりましょう。

それが結果的に、口腔内の健康や全身の健康につながると思います。